ブランド情報

BørneLund / ボーネルンド
子どもの健やかな成長に「あそび」を通して寄与するため、世界中の優れた「あそび道具」を輸入・販売する他、あそび環境の創造・運営まで「あそび」について総合的に取り組んでいる世界で唯一の企業です。
dantoy/ダントーイ
デンマークのほとんどの幼稚園で使われる、砂場あそびやおままごと道具のメーカー。「ノルディック・エコレーベル」を取得し、耐久性・使いやすさ・環境への配慮を両立するモノづくりを行っています。

ABOUT

子どもに伝えたい、モノを大切に。環境を大切に。

世界中でSDGsへの取り組みが注目され、日本でも昨年ビニール袋の有料化など、サスティナブルな社会の実現に向けての取り組みがはじまっています。そんな中、この地球規模の課題をどのように子どもたちに伝えたら良いのでしょうか。資源を無駄にしない、ゴミを削減する、環境にやさしい素材を選ぶなど。小さな子どもが自分で考えて、実践しようとするには難しいことばかり。でも「長く使おうね。大切に使おうね。」なら、すぐにでも始められます。毎日やることや考えることがいっぱいあるママたちも、これならすぐに実践できそうです。

遊ぶのは子ども、選ぶのは大人。だからママ目線も大切に。

では、長く使えるあそび道具とはどんなものでしょうか。丈夫で耐久性に優れていること。子どもの工夫次第で多様なあそびへと発展するもの。そして、子どもが飽きず、大きくなっても汎用的に使えるものなど。使い手である子どもの遊びやすさ、サイズ感、機能性を考えながら、最良のものを大人が見極めてあげることが大切です。

そして選ぶ際に、ママの感性にハマるかも重要なポイントです。日常の生活で使うあそび道具だから、生活空間にも馴染むもの、「大人になっても、自分のセンスを妥協したくない」というママたちのお声が増えています。

ママたちが探していた、エコ×デザインのあそび道具

そして、やっぱり長く使えることに加えて、ダイレクトに環境配慮しているあそび道具があるなら、そちらを選びたいと考える方も多いはずです。そこで、ボーネルンドが世界中を探して出合ったのが、エコ先進国・デンマークにあるダントーイ社のプラスチック遊具です。

一般的にベビー・子ども市場では、オーガニック製の優しい風合いの商品が多い中で、トレンドを取り入れた美しいカラーリングが目をひきます。デンマークらしい、シンプルで機能的なデザインに仕上げています。

環境配慮したモノづくりが、北欧でも高評価。

ダントーイ社のエコなモノづくりについて、少しご紹介します。デンマークでは、地球環境に配慮してモノを選ぶ“green consumer(グリーン・コンシューマー)”と呼ばれる生活者がほとんどです。このような文化背景から、「オモチャもそうあるべき」と考えるのが自然な流れでした。ダントーイ社は、製造工程において、必要以上の有害化学物物質や二酸化炭素の排出を防ぎ、エネルギー、水および原材料の消費にいたるまで環境に配慮したモノづくりを徹底。この取り組みが評価され、北欧5か国の政府が定めたエコラベル「ノルディック・エコレーベル」を世界中のプラスチック玩具メーカーで唯一取得。このように、すでに開発されたプラスチック遊具もすべて100%リサイクル可能であり、先進的な取り組みを実践しています。

次のステップへ。原料にまでこだわった「I’m greenシリーズ」

そして、ダントーイ社が次のステップとして、2010年にブラジルで開発されたサトウキビを原料とするバイオマスプラスチック“I’m green™”を用いたシリーズを発表しました。I’m green™は、サトウキビから抽出されたエタノールを90%以上使用。政府により規定された畑でサトウキビを栽培し、徹底した管理体制で原料が製造されています。化粧品や食料品の梱包資材に用いられていますが、玩具市場で用いている企業もまだわずか。よりエコなあそび道具として誕生し、パッケージの箱や内装にビニールやプラスチックを一切使わない徹底ぶりです。

口コミやSNSでも、ママたちに支持されるデザイン性

このように、子どもの遊びやすさ・機能性・耐久性はもちろん、地球環境に配慮したモノづくりの姿勢とデザイン性も兼ね備えたI’m greenシリーズのあそび道具は多くのママたちに支持されています。ボーネルンドショップで2019年に取り扱いをはじめて以来、くすみカラーの見た目の美しさから、SNSに投稿される方もたくさんいらっしゃいます。

ブース全体の閲覧にはログインしてブランドと繋がる必要がございます。

ブランドと繋がる